タイガーアイは元来、僧侶が身に付けていた石です。

そのため、霊感や直感が強くなると考えられています。最初に感じた直感が、後になって正しかったと気づくことが多くなるようです。

この気付きは、知らず知らずのうちに抑え込んでいた本当の自分の気持ちを気づかせてくれる、ということもあるでしょう。目には見えない心の目で本質を見つめ、見極める能力が高まります。

[temp id=2]

古来から言い伝えられたタイガーアイのヒーリング効果

古来よりタイガーアイは、負のエネルギーから身を守り、人生に希望を与えると言い伝えられてきたパワーストーンです。

タイガーアイを身に着けると、心に平和と安定をもたらし、持ち主の精神エネルギーを高め、力強く前進することをサポートする効果があるとされています。

また、タイガーアイの持つさまざまな色にもヒーリング効果があります。

輝く金色は夢や希望をかなえ、地色の茶色は地に足を付けた安定感をもたらすでしょう。橙色は、喜びや自信を与え意欲的になれるという効果があり、虎の目にも見える黒色の部分は、邪悪なものを寄せ付けず集中力を高める働きをします。

また、タイガーアイは暗闇で光ることから、昔は夜盲症の治療としても使われてきました。頭痛やのどの不調にも効果があったという報告があるそうです。

猫目?虎目?タイガーアイのキャッツアイ効果って?

タイガーアイは水晶の一種で、表面に猫の目のような、キャッツアイ効果をもたらします。キャッツアイ効果がある石はほかにもありますが、タイガーアイの石の名前は猫目石ではなく、虎目石なのはなぜでしょうか?

その違いは内包物の性質の違いにあります。タイガーアイはもとは黄色ですが、酸化鉄で黒くなることによって、金褐色の縞模様が現れるのです。タイガーアイをカボッションカットにすると、縞模様が虎の目のように見えることから、タイガーアイと呼ばれるようになりました。

さまざまな
タイガーアイブレスレットを

見てみるならこちらから
»タイガーアイを見てみる«