タイガーアイを始めて使う時や、少しパワーが落ちてきたと感じる時には浄化してみましょう。石の持つパワーが最大限に引き出されるように、定期的に浄化することがおすすめです。

タイガーアイのパワーを引き出す8つの浄化方法

タイガーアイの浄化方法は、以下の方法にて浄化することができます。

土による浄化方法

石が生まれた母なる大地で休ませてあげるのが、土による浄化方法です。本来ならば、神社仏閣などのけがれのない土地に3日から一週間ほど埋めて休ませることが望ましいのですが、限られた人しか実行することができないので、あまり現実的ではありません。

代替案としておすすめな方法は、蓋の付いた陶器の入れ物を用意し、そこによく乾燥させた土を入れます。天然素材で包んだタイガーアイを土に埋め、日当たりの良い窓辺に置きます。埋めておく期間は、3日から一週間です。

水による浄化

湧き水や、澄んだ川の清流で浄化することが望ましいのですが、ミネラルウォーターや水道水でもできます。水道水の場合は、水道の蛇口を少し開け、流水で30分から1時間ほどさらします。石が疲れてきたなと感じる時には、1~2時間浄化してみましょう。

汲んできた水やミネラルウォーターで浄化する場合は、大き目の容器にたっぷりと水を入れ、その中にタイガーアイを浸します。時間の目安は、数時間から半日程度です。

浄化が終わったら、乾いた布で丁寧に水分を拭き取りましょう。

太陽光による浄化方法

太陽光による浄化は、浄化するとともに石のパワーチャージにもなります。時間は、生命力のみなぎる午前中(もっとも適した時間帯は日の出から)に1時間から3時間程度、日光の良く当たる場所にタイガーアイを置きます。紫外線に弱い石には適さない浄化方法ですが、タイガーアイは比較的紫外線に強いので大丈夫です。

天然塩による浄化方法

天然塩の強いパワーで石を浄化します。器に天然塩を入れ、タイガーアイを埋めるか、塩の上に置きます。そのまま一晩ほどたったら、流水でよく洗い、水分を拭き取ります。浄化後の塩は悪い気がこもっているので、取り出した石はよく洗い、使い終わった塩は再利用しないようにしましょう。

月光による浄化方法

雨風がなく、雲も少ない静かな月明かりの夜に、一晩中月光に当てる浄化方法です。できれば屋外で、直接月光に当てるのが良いのですが、窓辺でも構いません。一番パワーが強いのが、満月の夜です。

水晶による浄化方法

水晶による浄化は、手軽で効果の高い浄化方法です。水晶はすべてを清め浄化する力があり、邪気を吸い取り浄化してくれます。粒状に加工されたさざれ水晶やクラスター(水晶の群生)などの上に、半日から一日の間、タイガーアイを置きます。

水晶自体に自浄作用はありますが、初めて使う時は、太陽光、塩、水などで浄化をした方がベターです。

煙による浄化方法

乾燥した香りのよいハーブに火をつけるか、お香を使います。その煙に、タイガーアイを数十秒かざしましょう。ハーブは、ラベンダーやセージなどがおすすめです。

石をかざす位置は、火の付いたハーブやお香から10cmから15cmほど上の高さにします。石が吸収した邪気を浄化することができ、すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。長時間のいぶし過ぎにご注意ください。

音による浄化方法

音叉、ベル、ヒーリングミュージック、民族音楽などを石に聴かせる浄化方法です。石は特定の波長で振動しており、清浄な音を聴かせることで共鳴現象を起こし、石の振動を浄化させます。