古代エジプトでは神々の像の目とされたタイガーアイは、パワーストーンとして強力な石で、邪気や悪から身を守る石とされて大切にされてきました。

ここでは、そんなタイガーアイの歴史や詳細についてご紹介しています。

タイガーアイは何月の誕生石?

タイガーアイは10月の誕生石です。10月の誕生石と言えば、オパールとトルマリンが有名ですが、近年はタイガーアイも10月の誕生石のひとつとして数えられています。

複数の誕生石が定められている月は、どれが本当の誕生石か疑問に思われるかもしれません。月があっていれば、どの誕生石を選ぶのも個人の自由です。

名前の由来や産地、特徴について

どんな流れでタイガーアイと言う名になったのか。また主な産地についてまとめています。

タイガーアイの名前の由来

タイガーアイは、英名でタイガーアイまたはタイガーズアイ、和名では虎目石・虎眼石と呼ばれる半貴石です。金褐色に強くきらめく縞模様が虎の目のように見えることが、名前の由来となっています。

タイガーアイの産地はどこ?日本でも採れる?

タイガーアイは世界各国で採取することができますが、主な原産国は、南アフリカ共和国、オーストラリア、ナビミアです。もっとも代表的な産地は南アフリカ共和国となっています。そのほかには、インド、ミャンマー、北アメリカ、ブラジル、スペイン、韓国、中国でも産出されています。

セカイポートで取り扱うタイガーアイは、主に南アフリカ共和国産のものを取り扱っていて、スタッフが現地に実際に出向いて厳選して仕入れを行なっております。

日本でも最近ではとても馴染みのある石になりましたが、日本国内での産出はありません。

タイガーアイの成分や特徴は?

タイガーアイの主な成分は石英です。モース硬度7.0、比重2.7、ガラス光沢の性質を持っています。

クロシドライト(青石綿)に石英が染み込んで硬化したケイ酸塩鉱物で、角閃石(かくせんせき)と呼ばれる鉱物グループの石です。石英化したクロシドライトの繊維が何重にも平行に走っているので、研磨することによって光の反射の差ができます。

そのため、キャッツアイ効果、またの名を、シャトヤンシー効果という独特な光の筋が生まれます。

タイガーアイの石言葉

石言葉とは、それぞれの石の特徴に合った象徴的な意味づけをしたものです。タイガーアイには次のような石言葉があります。

洞察力

古くは神々の像の目にタイガーアイを埋め込み、大いなる視野を表したことから、洞察力を高めると考えられています。

目先の損得にとらわれず、物事を広くとらえて理解し、本当に自分にとって必要なものを見抜く力が身につくと言われています。

好奇心

インスピレーションを高め、新しいことにチャレンジしたい時のサポートとなってくれる石です。

独立心

他人のエネルギーに左右されず、自信と実行力、決断力を高めます。

知識

深い知性を象徴し、受験や資格取得の時のサポートとなります。

富貴

富貴とは、財産があって身分が高いことを意味します。金運、仕事運を高め、願望成就のサポートをし、富を引き寄せると言われています。

セカイポートのタイガーアイ

セカイポートの厳選したタイガーアイ。ぜひ一度ご覧くださいませ。

\定番から変わり種まで各種ご用意/

全国送料無料

全国送料無料でお届けしております。北海道や沖縄、離島であっても当店負担でお届けいたします。

即日発送可能

購入した商品はいち早く身につけたい。そしてすぐに装着して効果を感じたい。

そういったお客様のお気持ちを考えて、当店ではできるだけすぐに発送するように心がけております。また到着日指定などもございましたら、可能な限り対応させていただきます。

\定番から変わり種まで各種ご用意/